スマートフォン版に切り替える

コラム

平成29年分確定申告で医療費控除を受けるには

所得税

平成28年分と平成29年分での大きな変更点が2つあります。

その1は 「セルフメディケーション税制」が新たに創設されたことです。ただし従来の医療費控除との選択適用ですので、対象となるスイッチOTC医薬品を購入された方はご留意ください。制度の概要は次のサイトでご確認ください。 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/info-iryouhikoujo3.htm

その2は 従来は医療費の領収書を税務署へ提出しておりましたが、これが不要となり、「明細書の提出」という方式に変更されました(平成29~31年分は旧来の領収書提出も認められます。)『領収書が提出不要となりました(国税庁)』

なお1月15日の記事には、どちらの制度が自分にとって有利なのかを判定できるサイト(国税庁)をご紹介しております。

まとめ

【医療費控除に必要な資料】

 医療費の明細書  (左記に代えて、医療保険者から交付を受けた医療費通知がある場合には、その通知書でも可)

明細書作成のために準備するもの:医療費等領収書、生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金のわかるもの

所定フォーム

医療費の明細書  医療費の明細書(次葉…書ききれない場合)

医療費集計フォームh29(国税庁)

 

【セルフメディケーション税制に必要な資料】

① セルフメディケーション税制の明細書

所定フォーム

セルフメディケーション税制の明細書 セルフメディケーション税制の明細書(次葉…書ききれない場合)pdf

② 取組証明書 (※)具体的には次の書類

(1) インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収証又は予防接種済証
(2) 市区町村のがん検診の領収証又は結果通知表
(3) 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
(注) 結果通知表に「定期健康診断」という名称又は「勤務先名称」の記載が必要です。    (4) 特定健康診査の領収証又は結果通知表
(注) 領収証や結果通知表に「特定健康診査」という名称又は「保険者名」の記載が必要です。(5) 人間ドックやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収証又は結果通知表
(注) 領収証や結果通知表に「勤務先名称」又は「保険者名」の記載が必要です。