スマートフォン版に切り替える

コラム

セルフメディケーション税制をお忘れなく

全般

所得税

平成29年分確定申告より「セルフメディケーション税制」始まっています!

医療費控除は、原則10万円を超えないと適用ができませんでしたが、いわゆる「スイッチOTC医薬品」の購入費用が1万2千円を超えるときは、医療費控除の適用が可能となります。すでに2017年より制度開始となっていますので、領収書を捨てずにとっておくことをお勧めいたします。
 

対象となる医薬品とは?

 かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などが対象となります。

 
健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)の証明が必要です!
 

セルフメディケーションの定義にのっとり、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てをしている」ことが本税制の要件となっています。したがって、インフルエンザの予防接種に係る領収書、がん検診や定期健康診断の結果通知書といった書類を保存し、確定申告時に提出する必要があります。