スマートフォン版に切り替える

コラム

30年度税制改正大綱シリーズ①

全般

所得税

30年度税制改正大綱シリーズ①

給与所得控除の見直しについて

平成30年度税制改正大綱が発表されました。
その1;所得税の改正についてです。

(1)給与所得控除の見直し
 給与所得控除は一律10万円、控除額が少なくなります。従前は最低額が65万円でしたが、
 55万円に引き下げとなります(その分、基礎控除が38万円→48万円と10万円アップ
 しますので、±0となります)。

 ただし、年収850万円超の方については、一律195万円となりますので、基本的には
 増税となります。

(2)所得金額調整控除
 今回の税制改正では、年収850万円超の方が増税となりますが、以下の場合には、
 所得金額の調整が行われます。
 ・23歳未満の扶養親族を有する場合
 ・ご自身が特別障害者に該当する場合
 ・特別障害者である同一生計の配偶者あるいは扶養親族を有する場合

 この場合の調整ですが、収入金額(ただし1,000万円で頭打ち)から850万円を
 引いた金額に10%をかけた金額となります。
 
 1,000万円を超える方の場合、150万円(1,000万円-850万円)×10%
 =15万円

 が控除額となります。

 複雑な仕組みが導入されましたね。

(次回へ続く)