スマートフォン版に切り替える

M&A実行支援

身近になったM&A

最近は中小企業でも当たり前となりつつあるM&Aや組織再編。
具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

後継者がいない場合の出口戦略として

後継者がいない場合、基本的には会社を畳むことになります。永い年月、事業を継続し技術、知識、営業先など有形無形の財産を築き上げてきたにもかかわらず、これを清算してしまうのは、もったいないことですし、日本の将来のためにもなりません。

M&Aはそんな状況に最も有効な手段と成り得ます。

もちろん、経営者にとっては会社はわが子と一緒。価値観の合わない経営者に引き取られてしまうと、その後の行く末がとても不安になります。
当然ですが、譲渡先の経営者の経営方針、会社の状況などを総合的に把握し、経営者の想いが引き継がれるよう、当事務所では経営者の皆様の想いを最優先でM&Aに取り組みます。

事業分野の整理と新規事業への展開

IT化が進み世間の進歩は本当に早くなりました。事業についても、従前のやり方を守っているだけではすぐに陳腐化してしまう時代です。今うまくいっている事業も、早晩成熟期を迎えますので、その前に新規事業を展開しなければなりません。

M&Aはそんな状況に最も有効な手段となり得ます。

すなわち、成熟事業については相手先が見つかれば売却してしまうのが一つの方法です。
一方、新規事業を手掛けるベンチャー企業などをうまく取り込むことができれば、まさに「時間をお金で買う」ことが可能となるのです。
自社の人材のみでは新規事業の展開は難しい場合が多いものです。人材面においても優秀な層を取り込むことができることになり、ますます、新規の展開を素早く行うことができます。

部門単位での売却や買収については会社分割や事業譲渡など、組織再編が絡むことになります。組織再編税制を熟知していないと、思わぬ課税を受けることがあります。迅速な再編の実行はぜひ経験豊富な当事務所にお任せください。スキームのご提案から再編手続きのご案内、税務手続きのフォロー、再編後の各種フォローまで、ワンストップで対応させて頂きます。

こんな不安はありませんか?

うまく丸め込まれてしまい安く買い叩かれるのではないか?

M&Aにおける売買価格の目安はある共通の算定方法があり、おおよその事前算定が可能です。当事務所では、まず概算価格を算定したうえで、今後の価格交渉を有利にする方法を一緒に検討させて頂きます。

高く会社を売るためにはやはり「コツ」があります。勿論ですが、嘘をつく、とか大きく見せる、ということではありません。いかに、自社の魅力を正当にアピールすることができるのか?これが重要です。会社の魅力を再発見し、それをわかりやすく、文書や資料で伝えていくこと。こういった当たり前のことをきちんとお手伝いさせて頂きます。