SERVICE

COLUMN

  • 2021.02.23
    相続税・贈与税事業用宅地等に小規模宅地特例が適用できないケースとは?

    相続税の申告時に小規模宅地特例が使えないと相続税額に大きな違いがでてしまいます。 では・・・ Q:相続財産に宅地があればこの特例をうけられますか? A:残念ながら答えは「NO」です。 小規模宅地特例は

  • 2020.12.08
    全般「嘆願書」という制度

    納税者に税務上の不利益が明らかに生じているのでなんとか救済したいが、通常の手続きではその不利益は取り戻せない・・・、という事例が生じることがあります。そうしたときにその不利益を取り戻せるかどうかを慎重

  • 2020.12.02
    法人税法人税法第22条と第22条の2(その2)

    前回から続き本稿では第22条の改正とともに新設された、「第22条の2」について書いてみたいと思います。第22条は、この「第22条の2」の創設に平仄を合わせるかたちで一体的に改正されたものであったといえ

  • 2020.11.30
    法人税法人税法第22条と第22条の2(その1)

    平成30年度税制改正で設けられた法人税法第22条の2、まずは先だって第22条について改めて見てみましょう。   第二十二条 内国法人の各事業年度の所得の金額は、当該事業年度の益金の額から当該

  • 2020.09.11
    所得税2020年から夫婦間の申し合せがポイント?

    令和元年度税制改正により、居住者の配偶者が、扶養控除等申告書等に記載された源泉控除対象配偶者がある者として給与等または公的年金等に係る源泉徴収の規定の適用を受けている場合(その配偶者がその年分の所得税