スマートフォン版に切り替える

コラム

この財産は誰のもの? たんす預金編

相続税・贈与税

亡くなられた方の遺品を整理すると、金額の多寡は別にして、必ずと言っていいほど現金が出てきます。

体験談をお話しすれば、おさいふに小銭だけ、という場合もあればウン千万円がたんすから出てきたということもありました。そして、この現金の存在を知ったタイミングが相続税の申告前であれば、当然のことですが相続税の課税対象にする前提で申告書を作っています。

実のところ、現金の存在を認識しない(できない)まま、遺産分割と相続税の申告を行ったケースも過去にないわけではありません。これらの申告漏れは全て後日の税務調査で発覚しますが、税務調査があってもなくても、常に現金申告額に一抹の不安感を持っているというのが正直なところです。
この不安感を払拭するためには、税理士自身のコミュニケーションスキル・推理力の向上、そして依頼者との信頼関係の構築が欠かせません。そして私自身こうしたことについて日々研鑽中でもあります。

さて、それではたんす預金が出てきた場合いったいそれは誰の現金なのでしょうか?

結論から申し上げますと、この現金所有者が誰なのか正確なことを知ることは不可能です。真実は闇の中、というのが現実なのです。でも目の前に現れたこの現金、やっと日の目を見たのです。今誕生した、ともいえるこの現金に名前と居心地のいい居場所を与えるべきだと私は思います。

このタイミングを逃しては次の相続まで数年、数十年と闇に封印され、下手をすれば未来に起こりうる新札発行やデノミの実施などで使えないお金になる可能性すらありますし、何よりもまずこの現金に向き合わなければ遺産分割や相続税申告といった法令手続きを全うに処理することは不可能です。たんす預金を除外して相続手続きをしても、「遺産分割無効」「重加算税(脱税時に課される制裁金)」「信用失墜」などの問題が生じたときに果たして誰がどこまで責任を取るのか?考えてみてください。現実には責任など取れようはずもありません。
「たんす預金をバレないようにするには?」などという論外な記事がインターネットに散見されますが、そうした記事を鵜呑みにすれば、「一文惜しみの百知らず」という諺通りの結果が待っているだけです。

適正に申告したい方へアドバイス。
たんす預金に名前と居場所を与える方法は必ずあります。まずはたんす現金に関する情報をできるだけ洗い出し、推理力を働かせてその現金の発生状況を時系列で仮に書き出してみましょう。
時には、それにより過去の申告漏れが発覚したり、父のものらしき現金が実は先代の祖父のもので祖父の遺産問題に発展したり・・・等、判断や対応が難しい局面に遭遇するかもしれません。そうしたときにはぜひ税理士の門を叩いてみてください。きっと解決への道が開かれるでしょう。