スマートフォン版に切り替える

コラム

人の道

全般

早逝した夫の家業を継ぎ、長期間社長をしていた80代の女性のお客様がおられます。その方から「人の道」「つまづいたおかげで」と題した詩のコピーをいただきました。お会いする人にこの詩を配っているのだそうです。前者は新選組局長の 近藤勇作 の言葉、後者はいのちの詩人とも謳われる 相田みつを が作者です。個人主義が当然のように尊重されるこの時代ですが、コロナ禍に遭遇したことで改めて人類全体が普遍的なイデオロギーを模索し始めた今日、私たちみんなで耳を傾けたいエッセンスが詰まっています。

人の道

忘れてならぬものは 恩義

捨ててならぬものは 義理

人にあたえるものは 人情

繰り返してならぬものは 過失

通してならぬものは 我意

笑ってならぬものは 人の失敗

聞いてならぬものは 人の秘密

お金で買えぬものは 信用

 

つまづいたおかげで

つまづいたりしたおかげで 物事を深く考えるようになりました

失敗を繰り返したおかげで 他人を暖かい眼で見られるようになりました

何回も追いつめられたおかげで 弱さとだらしなさを知りました

だまされたり裏切られたりしたおかげで 正直で親切な人のあたたかさも知りました

そして・・・人の死に逢うたび はかなさと生きる尊さを味わいました

いのちの尊さを味わったおかげで ほんものの人間に逢う事ができました

だから 私のまわりにいる人たちはみんな よい人ばかりなんです