スマートフォン版に切り替える

業務効率支援(会計を活かす)

1. 会計は単なる過去の記録 → 真に役立つものへ!

過去の記録がきちんとしていれば、将来の予測は簡単です。
(これがきちんとしていないと、AIの時代になっても予測はできません)

例えば・・・

現金主義の記録

4月 5月 6月 7月 8月
0 200 0 0 300

これで将来が予測できますか?

発生主義の記録

4月 5月 6月 7月 8月
100 100 100 100 100

これなら毎月100、と読めますね!

おすすめ会計ソフト

フリーウェイ経理

フリーウェイ経理

  • クラウドでいつでも会計事務所とデータが共有が可能!
    しかも低価格(基本利用料1,000円/月)
  • 仕訳データは、出納帳入力方式と仕訳入力方式、いずれの方法でも入力できます
  • 預金やクレジットカードの動きを”フィンテック”機能を使って自動取り込み可能
  • 同シリーズの給与計算ソフト「フリーウェイ給与」は5名様までなら永久無料

2. 業務効率を上げるために

1)周辺ソフトウェアとの連携

このところ会計システムは販売管理システムや給与計算システムとの仕訳連携が当たり前となっています。当事務所では、会計システムのみではなく、販売管理システム、給与計算システムなどを同時導入し、経理業務の効率化を提案しております。

2)CSVデータによる会計システム連携

その他お客様が利用されている各種システムについて、データでのはきだしが可能であれば、CSVデータに加工して効率的に会計システムに取り込むことが可能です。そのためのエクセル加工の手法などについてもアドバイスをさせていただきます。